Sai

DaiのDev版、Saiを完全理解してみる その3 〜CDPを完全理解しよう!〜

今回はメインのトークンの仕組みを規定しているTub.solとTap.sol(紛らわしいですね)を完全理解していきたいと思います! まずはCDPの動作を規定しているTub.solについて見ていきましょう! Tub.solは主に担保の扱いとCDPのオペレーションの二つの部分に別れています。それぞれ見ていきましょう。

DaiのDev版、Saiを完全理解してみる その2

今回は管理者が利用可能なFab.sol、Mom.sol、Top.solを見ていきます。 下の写真の上三つです。   まずはFab.solから。これは初期設定を担うコントラクトです。こいつがいることでFab.solと矢印で繋がっているコントラクトがデプロイされます。特にGemFabという関数では、DSToken(ERC-20をカスタマイズしたもの)のコントラクトをデプロイすることで各種トークンを作成して、そのアドレスをTubFab(Cup→CDPの動作を規定するコントラクト)のデプロイに利用しています。

DaiのDev版、Saiを完全理解してみる その1

どうも田原です。 やっと卒論終わりました。なのでこれから本格的にブロックチェーンに時間を割いて行きたいなあと思ってます。(と言いつつ怠け癖が治らないのでなかなかそうはいかなかったりします笑 現に今もモンハンでババ○ンガを狩りながら書いてます) 自分の興味のある領域が今の所、DeFi(分散型ファイナンス)、特に結のような金銭をプールしながら貸し借りをあまり意識しないで貸し借りできるシステムのようなものを作りたいなあと思ってます。 そう考えるとDai(ユーザーが担保したEthereumを元手にしたステーブルコイン)やCompound( 担保を元手に資金を貸すサービス)なんかが近くて、この仕組みをまずは知ろうと思います。