ステーブルコイン

DeFiを経済学部の教授の方に話してみた。

なまはげです。今日はいつにも増して短い記事です。 先日、今構想中のDeFiについて、ブロックチェーンをほとんど知らないとおっしゃっていた東大の経済学部の教授のところに相談してきた内容を備忘録的に共有します。 なぜ行ったのか 今僕は受講中の東京大学ブロックチェーンイノベーション寄附講座という講座内で僕がMakerDAOのようなステーブルコイン発行システムを開発しています。そこで大体の設計ができてきたのですが、何か見落としやもっといいシステムの考え方はないのか、という部分でなかなか開発に踏み切れずにいました。 そうした中で金融やマクロ経済に詳しい方に相談したいと思い、思い切って教授に連絡したところ快諾してくださいました。(一応教授の名前は伏せておきます) 約一時間あまりの中で色々なことを話したのですが(僕は経済の素養をもっとつけたほうがいいと怒られました笑)、今回はその中でもDeFiやクリプト界隈全体に言えるような話をピックアップしてかるーくまとめます。(特に章立てとかしないでつらつら書き連ねていきます。)