【ネタバレなし】中国のSF小説、「三体」が刺さりまくったはなし

どうも。多忙と体調不良で不眠が続くなまはげです。 昨日もいつもの通りねれなかったのですが、昨日の不眠はエキサイトでした。(意味不明) そう、中国で2100万部売り上げ、ついに日本にも上陸したSF小説「三体」(劉慈欣 著)を読んでいたのです! 最初「中国人が書いたSF小説なんて大したことねーだろ」と思ってナメてたんですが、クソ面白い。私の中二病の原点となった伊藤計劃「虐殺器官」以来の興奮でした。その後、中二の私はSF小説を読み漁ったのですが、よくわからない内輪ノリとか多くて(なんかベンチャー界隈っぽい感じ)すぐ飽きました。 それはともかく、この小説面白い。なるべくネタバレなしでちょっと解説していこうと思います。 なぜ「中国人にSFは無理」と思っていたか 別に人種差別しているわけではありません。中国という国の問題です。SFに必要な要素として2つあります。 一つは飛躍した科学技術。これは当たり前ですね。これを想像するためには最新の科学技術にアクセスできる必要性が高いですが、最近の中国ならまあ、大丈夫でしょう。ネットもあるし。(ただしここにも大きな罠があります) そしてもう一つが権力。強力な科学技術を扱う小説には敵でも味方でも必ず権力が登場します。強大な科学技術を作る、もしくはその標的になるには権力を持った強大な勢力でないと割が合わないのです。一昔前の中国で、もしかしたら今の中国で、そんな小説を堂々とみんなが書くことができるでしょうか。 答えはNoです。 制限された言論と徹底的なプロパガンダは人々に権力との同調圧力をかけ、想像力を阻害します。すると第一の要素、科学技術を思いつくのもきつくなります。こんな土壌で面白いSFなんて出てきません。 近年は昔ほど圧力が強くはなく、ネットから様々な情報が流れてくるとはいえ、これは辛い環境です。加えて数十年前はもっときつい統制下で「先輩」の作品もほとんどない有様です。中国語という独自言語圏なのに。 SFは中国人にとっては数学という世界共通フォーマットがある科学技術よりも追いつくのが難しい領域です。 だから、華僑とかならともかく、中国で生まれ育った中国人が面白いSFなんて書くわけがないのです。 ところが、こんなバケモノが出てきました。本当、中国おそるべし。 ここから本題に入っていきます。さて、何が面白いんでしょうか。 徹底的なリアリズム 物語は文化大革命の狂乱の中で父親を殺される一人の少女と、狂いに狂った人々の熱狂ぶりを映し出します。そしてその後少女は辺境に流れ着き、権力者にひっぱたかれたりもう散々な目にあいます。ここまで全くSF要素0です。そしてその描写のリアリティが凄まじい。 そして舞台は一転して40年後の中国に切り替わります。ところがここでも超科学は出てこない。あるのは次々に自殺したり死んでいく科学者、そして視界に映る謎のカウントダウンに悩まされる科学者である主人公。 そんな主人公の前に謎のVRゲームがドン!現れる。もうこれだけでゾクゾクしますよね。でもまだ超科学はほとんど姿を見せない。この謎のVRゲーム「三体」こそが主人公と読者をSFの世界へ徐々に誘う案内人の役割を果たしていきます。 このSFの世界観に到るまでのリアリティがものすごく自然に読者を引き込んでいきます。 特に冒頭の文革の描写はこの作品の根幹に関わるだけではなく、この作品の世界観・人間観を端的に表しているのですが、あのリアリティは中国人にしかできないと思います。(ちょうど庵野監督が東日本大地震をテーマに「シン・ゴジラ」作ったのと同質のリアリティです) サクサク進むストーリー ストーリー上の無駄がほとんどないのも魅力です。よくSFにありがちな「中央には巨大なコンピューター群があり(中略)巨大なファンの上に鉄パイプが一本通っていた」みたいなクソ長い機械の描写や、ラノベにありがちな「彼女は白いブラウスに(中略)」みたいな作者の性癖を晒すだけの無駄にながいファッションショーもない。鉄パイプとかブラウスとかどーでもえーねんって話ですよ。 この三体は結構長い作品ですが、無駄な描写がほとんどないです。 晒されている作者の性癖といえばやたら無駄に美少女をミンチにしたがる猟奇趣味くらいでしょうか。あれだけは性癖としか思えません。 ほんと、それくらい無駄がない。 その上場面がサクサク進む。5〜6ページ書いたらすぐ違う描写に行く。同じ描写をダラダラ続けない。読者がついてこれる範囲でサクサク色々な描写を織り交ぜて行く。 日頃140字以上の文章を読まない我々には打ってつけだ。 なんだかんだで魅力的なキャラクター そして最後はSFの重要要素、「キャラ」 上述したようにこの作品ではほとんどキャラクターの外見的描写がない。だから見た目とかは各自で補完するしか無いのだが、それぞれのキャラクターは本当に魅力的。 弱々しいが決断はきちんと下して行動する主人公。無骨で無礼だが主人公を気づかい、その上とんでもないファンプレーを連発する最強警察官。柔和だが芯のある熱い女性。登場こそ強キャラ感あったのに、小物臭プンプンで退場する男…etc 魅力的だがどれも『王道』だ。巨乳ロリくらいには王道だ。でもこの王道は決して非難ではなく、王道をうまく生かして読者が入り込みやすく、面白い物語に仕上げている。 ほんっと素晴らしい。 まとめ 読め。amazonのリンクやるよ、ほら。 そして俺と一緒に2020年の第二巻発売まで待とうじゃないか。 なに?中国語が読めるだとぉ!? 俺に絶対ネタバレすんじゃねえぞ!絶対だ!!!

Libraは巨人の史上最強打線(2004)だ。

こんにちはなまはげです。 今日は昨日発表されたLibraについてです。 僕は前情報ではまっったく期待していませんでした。そして昨日なぜかホワイトペーパーをガン無視してなぜかテクニカルペーパーの方を読み漁っていました。すると期待感がモリモリ湧いてきてスッゲー!!という気持ちになりました。 しかし、そのあとポコンとWPを読んだら「やっぱりか…」と期待感がしぼんでしまいました…

DeFiを経済学部の教授の方に話してみた。

なまはげです。今日はいつにも増して短い記事です。 先日、今構想中のDeFiについて、ブロックチェーンをほとんど知らないとおっしゃっていた東大の経済学部の教授のところに相談してきた内容を備忘録的に共有します。 なぜ行ったのか 今僕は受講中の東京大学ブロックチェーンイノベーション寄附講座という講座内で僕がMakerDAOのようなステーブルコイン発行システムを開発しています。そこで大体の設計ができてきたのですが、何か見落としやもっといいシステムの考え方はないのか、という部分でなかなか開発に踏み切れずにいました。 そうした中で金融やマクロ経済に詳しい方に相談したいと思い、思い切って教授に連絡したところ快諾してくださいました。(一応教授の名前は伏せておきます) 約一時間あまりの中で色々なことを話したのですが(僕は経済の素養をもっとつけたほうがいいと怒られました笑)、今回はその中でもDeFiやクリプト界隈全体に言えるような話をピックアップしてかるーくまとめます。(特に章立てとかしないでつらつら書き連ねていきます。)

“空”、そして”縁起”こそがワールドステートだ 仏教とEthereum

なまはげです。 今日の話題は「仏教とEthereum」です。 何ゆうとるんや、という感じですが要は「Ethereumの定義するワールドステートは世界を縁起により成り立つと再定義することだ」ということです。 ちょっとだけ自分の思想的な背景も含めて説明したいと思います。

EOSREX 〜EOSのDeFiは成立するか〜

EOSで割と大掛かりなプロジェクトであるEOSREXというDeFiが始動しました。大手BP(Block Producer、マイナーみたいなもん)のeosnewyorkが始めたプロジェクトです。 EOSでDeFiと聞いた時には「んなの成功するわけねーじゃんwww」というノリだったのですが、サクッとですが調べてみるとなかなか面白いなあと感じたので備忘録的に書いておきます。

新しいDeFiの提案 ~なぜMakerDAOは”微妙”に感じるのか~

なまはげです。 今日は最近構想しているDeFiのアイディアについて書きます。しかしその前にMakerDAOの現状の問題点について整理したいと思います。特に初めて聞いた人ほど「MakerDAOって微妙じゃない?」と感じる現象について説明したいともいます。 なぜ、MakerDAOは”微妙”なのか MakerDAOの仕組みについて説明すると、金融等に詳しい人ほど微妙な反応をします。(私の親戚に金融関連の人が数名いらっしゃるのですが、その方達の反応が特に微妙で面白かったです笑) 基本的な仕組みは置いておいて、なぜこのような反応が多いか見ていきたいと思います。 CDP作成者にリスクを一方的に押し付けてリターンがない上にコストも支払う これが一番大きいと思います。Stablecoinをドルに一切触らずに作成しようとするとリスクを誰かが取らなければなりません。特に今回はETH価格の下落リスクに対処する必要があります。そのリスクは誰が取るのでしょうか? もちろんLiquiateの可能性をひめたCDP作成者とDaiホルダーです。正確にはLiquidateするまでの価格下落リスクと、Liquidateしてから10%下落するまでの下落リスクをCDP作成者が取っていて、残りはDaiホルダーが取っています。 また、Stablecoinを発行するということはある意味でオプションとも言えます。このオプションのコストを支払うのは誰でしょうか。そうです。CDP作成者ですね。Stability Feeという形でコストを支払っています。あれ?このStability FeeはDaiホルダーでもCDP作成者でもなくMKRホルダーにいきます。謎ですね。彼らはガバナンスコストしかtakeしていません。通常の金融では数%以下の手数料という形でそれを実現しているのですが、今回はなんと年利で16%です!!! 現実のオプションでもプレミアムはオプションの売り手がゲットしています。 頭おかしいですね。 また、コストとリスク(の一部)をCDP作成者がtakeしていますね。これじゃあなんのためにStability Feeというコストを払ってまでリターンを求めたのかわけわかりませんね。なぜ人々がStablecoinを求めるかというとリスクをtakeしたくないからです。 なのにリスクをCDPホルダーやDaiホルダーが支払っているのはおかしいですよね。 これにはドルに触らずにstableにするには極端な価格下落コストはtakeしないといけないという仕方のない一面もあるのですが、それにしてもCDPホルダーがtakeしなければいけないリスクは異常です。 コミュニティの縮小でしか価格をあげられない Dai価格が1ドルまで上がらないとどうするか。Stability Feeの値上げによる供給量の削減です。 要はみんな使うな、ということです。 これ、インターネットビジネス全般の常識から大きく外れています。インターネット内のビジネス(SNSなど)の常識は、「アクティブユーザーを増やすのが第一優先」です。なのにこれは供給量を下げる、すなわちアクティブユーザーを減らすことで目標を達成しようとしているということです。 YouTubeで健全な運営のために「違法動画を一度でも見たやつはすべてban」みたいな感じですよね。 これはプラットフォームとしての欠陥を抱えていると言えます。 MKRホルダーが一番 このDaiはMKRホルダーの利益を最優先して設計されています。 供給量を減らすためになぜわざわざStability Feeを通してMKRホルダーの利益を増やさないといけないのでしょうか。もっと健全なリスクーリターンの関係に持っていくことを不可能なのでしょうか。 結局のところ、MKRホルダーの利得を最優先していて、エンドユーザーに対する配慮ができていないという点があります。 どんなDeFiが必要か ではどんなDeFiが必要なのでしょうか その要件をまとめていきます More Risk More Return この一言に尽きると思います。 リスクをtakeする人は多くのリターンをもらう。逆にリスクを減らす人はその分のFeeを支払ってその代わりにしっかりリスクを減らしてあげる。 これが成立しない限り金融としては使われないと思います。 シンプルに、利害関係を複雑にしない なるべくシンプルにワークする仕組みを作るというのもポイントです。 複雑すぎるシステムはそれだけで競合に対して弱くなります。(その一方で競合がいない場合なんとなくでプライシングがつく場合もあります、今のDaiのように) そしてよくわからない利害関係を作らないということも大切です。余計な利害関係は余計なコストにつながります。 新たなDeFiのご提案 そこで提案したい仕組みが以下のような仕組みです。 概要としては手数料を支払いStablecoinを発行する人(Publisher)とETH価格下落リスクをとるひと(Risk Taker)の二つに分かれます。 Publisher こいつの役割は至極単純で、ETHと手数料と交換でStablecoinを手に入れます。 そしていつでもETHと交換できます。 Risk Taker イメージ的にはUniswapの流動性供給に近いです。 担保となるETHを供給します。彼らのメリットは二点です。 1. ETH価格が上昇するとPublisherの担保分の価格上昇分も受け取れる レバレッジ取引のようなことが可能になります。 例えばPublisherが10000円分のETHを預け、Risk Takerが10000円供給し、ETH価格が1.5倍になった場合、Publisherの担保の価格上昇分である5000円はRisk Takerにいきます。するとRisk Takerが所有するETHの現在価値は10000×1.5 + 5000で20000円分になります。 2. Publisherの手数料収入の一部が金利になる これはそのままです。Uniswapの流動性供給と同じように手数料に一部がRisk Takerにいきます。 一方、リスクは次の二点です。 1. ETH価格が下落するとPublisherの担保分も負担しなければならない 先ほどの逆です。先ほどの例で言えば、ETH価格が半分になるとRiskTakerの担保の現在価値は10000/2 – (10000 – 10000/2)で0になってしまいます。 2.引出額に制限がある システム全体の担保額がある一定を下回らないようにするため、Risk Takerの担保額がある一定水準以下の場合は引き出しができません。 また、一つのアカウントがまとめて引き出すことがないよう、一つのアカウントの一度の引出額には制限があります。 だからと言って引き出すことができないわけではなく、Set Withdrawalという概念があり、市場で一定数のステーブルコインを調達して、そのステーブルコインとETHの交換とETHの引き出しを同時に行えばその分引き出すことができるという仕組みです。 ステーブルコインを調達したタイミングにより利得は変化しますが、引き出すことは可能です。 この仕組みのメリットデメリット メリット メリットはリスクをとってリターン(手数料収入)を手に入れる人とリスクを減らしてコストを支払う人でしっかり分かれている点です。きちんとここが分かれていることで金融システムとしてワークするようになります。 また、利害関係が明快でプライシングがしやすい点もMakerDAOと比べ、ガバナンスリスクを低減しているポイントです。 デメリット ETH価格の大きな下落に無力です。この場合、Risk Takerの担保がそのまま没収されるようなことになりかねません。 また、Risk Takerに対してきちんとしたReturnを支払うことでシステム全体の流動性を担保してあげなければこのシステムが回らないことにも注意が必要です。 まだ決定していない重要な点 Publisherが支払うコストの価格をどう決定するかのアルゴリズムを決めることが非常に重要です。 このコストはETH価格のボラティリティに対して増加する関数と言えますが、これをどう決めるのかが非常に大事です。 また、1ドルにペッグしない場合、どの変数をいじるのが効率的なのか考える必要があります。現時点では、ステーブルコインとETHの交換レートがその一例として考えられます。(ステーブルコインが一ドルを下回ると交換レートをあげ、上回ると下げる) また、ETHの価格オラクルに関しても考える必要があります。  

Daiホルダーの利得を計算してみた(基本から)

なまはげです。 今回はMakerDAOのDaiについて、Daiホルダーの「期待利得」について考察しようと思います。 Daiの仕組み まずはDaiについておさらいです。(詳しいことはカナゴールドさんのこの記事が非常にわかりやすいです)DaiはEthereum建てで発行されるステーブルコインです。 担保額は借入額の150%以上(10000万円のDaiを借りようとしたら15000円のEthereumの担保が必要)です。借り入れるとStability Feeという金利が発生します。また、Ethereumの価格は常に変動します。 ここでもしStability Feeの負担やEthereumの価格減少によって担保率が150%を切った場合、強制ロスカットが入り、(借りた額 + Stability Fee)×1.13が没収されます。(10000万円借りていたら11300円没収される)この1300円分は担保を維持しなかった罰みたいなものです。 さて、DaiはEthereum建て、と言いましたがDaiを持っている人はいつETHとDaiを交換できるのでしょうか。 それは誰かが強制ロスカットされた時です。その時、ロスカットされたETHは市場に出回り、Daiで買うことができます。その時3%Offになるのでちょっとお得です。

学生にとっての東大と社会にとっての東大 〜上野千鶴子氏から考える〜

NO IMAGE

田原です。 今回は東京大学の入学式での上野千鶴子氏の「祝辞」が波紋を呼びました。 端的に言えば僕は非常に強い憤りを感じたのですが、ツイッターとかFacebookを見ると擁護というか支持する声が多くてびっくりしました。その意見は「東大生はこれくらい言われた方がいい」という反知性主義的な発言から、「素晴らしいお言葉」や「これを批判する人は人としてあり得ない」みたいに千差万別です。 これを見ていて、少し違和感がありました。 「あれ、入学式ってなんなんやろな。」 と。 どうやら東大生である自分が捉える「東大」と社会が捉える「東大」に大きな違いがあるのではないかと思いましたのでここに書き記そうと思います。 なぜ僕は怒るのか 上野氏の行っていることはほとんど正しいと思いますし、文章としても練り上げられていると思います。 というかこの記事は主義主張をいうための記事じゃないんで中身の議論はなるべくしません。というか中身に関しては75%くらいいいこと言ってんな、って感じです。 ただ、それはこれが授業とか講演会とかブログとかで言われた時の話。 これ、どう考えても「祝辞」じゃないですよね。僕がキレてるのは以下の二点です。

#おかしいのは貨幣制度?ブロックチェーン? ステークのない通貨は適切か

ブロックチェーン界隈でよく必要な概念として語られる「ステーク」。 主にトークンを自分で自由に使えないようにロックしておくことで、エコシステムのメリットにならない違反行為を行なった場合に没収などの罰を与えることで、ユーザーに強力なマイナスのインセンティブを与えることを目的としています。 これ、ブロックチェーン界隈だとPoSやDaiのCDPなどを通してその必要性は広く浸透していると思います。 ただ、このステークという概念を説明するときブロックチェーン界隈以外の人にはそこまで受けが良くないというか、「必要性はわかるけどそんなに熱弁することっすか?」という冴えない反応が多い気がします。特に非投資家の方にはウケが悪いです。 ということで今回は歴史上、ステークがどのように働いていたかということについて書いていこうと思います。

1 3